伺かのこととか
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めも
追記

・そうか詩のことを考えていたのか!
・あと恋愛ものとか、作者の考えいっぱい反映されそう。

*

・根本的な価値観が作品に反映されるかどうか
・どのくらいか →違うものも混ぜれるよね
・作品から作者の本質が分かるかどうか
・突き詰めて自分の作りたいものを作るほど、本質が出るのかどうか
・本質って何だ? メッセージ性やこだわりや価値観や人間性?
・作品の本質が広義で見て自己肯定・自己愛・自己満足になってるのでは →ちょっと恥ずかしいし勇気いるよね
・伝えたいことというのは、そういうものよね(人間自体がエゴのかたまりなのか…)
・それをどう受け取るかは受け取り手次第かな →だから調理さえきちんと出来てれば

・ネタはネタで、自分はネタの調理士
・事象は事象でしかないか、その理解と材料選びと調理法に自分が出る

ただのひとりごとです。なんで分身のことを書きたかったのか思い出してるだけです。ってこんなんしてる場合じゃない。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 doll face. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。