伺かのこととか
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーザがゴーストに影響を与えるには
ユーザがゴ(一文字に略すな)に影響与える手段って、撫でつつきと選択肢、コミュニケートボックスくらいか。なんかもうちょっとユーザがゴーストに影響を与えられたら、一方通行間が薄れるのかもね。ユーザの行動がもっとゴに反映されたりとかすると面白いのかも。好感度の別バージョンみたいな。

例えば、色々できるとは思うけど…ユーザが来る曜日・時間・滞在時間を覚えてて、「ユーザが来るのって日曜日が多いね。休日は家にいることが多いの?」とか、「あれ?今日はいやに遅くまでいるねー」と言ったり。どこを触る回数が多いのか覚えてて、「ユーザって頭よく撫でてくれるけどセクハラはしないからいいよね」と言ったり。もうやってるゴーストも結構いると思うけど。

その条件を組み合わせて「すぐ来てすぐ帰る、セクハラの多いユーザ」とか、「普段撫でたりしないのに、悲しい顔してると頭撫でてくれるユーザ」とか。うーん…いい例えが出てこないんだけど、細かくプロファイリングして、ユーザの性格とか算出してくれて、そのユーザにゴーストの方も合わせてくれたりしたらいいなあと。…そうするとゲーム感覚が強くなって、いい評価を得ようとして息が詰まっちゃうかなあ。(で、面倒くさくなって手を抜き出すと、「お。本性出たね?」と言われたりw)

さりげない部分でできたらいいんだけどな。ゴーストがさらっと言う一言に、おや、こいつ私のこと分かってるなあと思えたりするといいな。かなり面倒くさい作業だけど、少しずつならできるかな。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 doll face. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。